森と人を守るシアバター石鹸ファンド

クラウドファンディングのプラットフォームであるミュージックセキュリティーズの「森と人を守るシアバター石鹸ファンド」。すでに募集は終了していますが、出資者に特典として、ブルキナファソ製のシアバター石鹸などが送られてきました。

アフリカ経験の長い私ですから、「シアバター石鹸は使いたいけど、どうせ現地の(申し訳ないけど)ちょっとしょぼい布とかにくるんで送ってくるかと思ったら…

ブルキナファソのシアバター石鹸

きちんとした箱に個包装で、取り付けられている現地の装飾品の金具も一個一個全部違うものが使われているではありませんか。日本人がかかわっても、ここまできちんとやるケースはあまりありません。

これなら、ギフトとかにも十分使えますね。

ブラジルの森林への投資?

何気なくサイトに出ていた広告を見ていたら、「ブラジルの森林への投資」(原文は英語)の文字が。僕は元々大学で林業を先行し、海外で林業の技術移転とかにあたっていましたから興味をひかれてみてみました。

やっているのは Greenwood Management ApS というデンマークの会社。ブラジルの森林への投資がどのようなものかは、どうやら問い合わせないとわからないようですが、この会社が資金を集めて森林を購入し、そこを経営して利益を配分する、という仕組みのようです。

でも、投資家が「直接森林を所有する」と書いてあります。投資した人たちの間で投資額に応じて森林を分筆し、その経営をこの会社に任せる、ということでしょうか。ヨーロッパやニュージーランドでは年金基金などの運用で成功している、と書いてありますね。

「少額から投資できる」とありますが、最低投資額は1万ユーロ、つまりは約100万円から。そりゃまあ機関投資家から見たら少額かもしれませんが…

割箸ファンドから贈り物

ミュージックセキュリティのファンドは、震災復興支援ファンド以外にもいくつか投資していますが、共有の森ファンドもその一つ。割箸ファンドと西粟倉村共有の森ファンドの二つに投資しています。

以前ワリバシファンドの出資者に商品の割り箸がプレゼントされましたが、今回は、リサイクルした割箸を使用する牧場の商品が届きました。新鮮な牛乳やモッツァレラチーズなど。

もちろん、牧場の商品の宣伝も兼ねているのでしょうけど、このようなプレゼントは嬉しいもの。地方のビジネスに投資するだいご味ですね。

ワリバシファンドからのプレゼント

林業関係のファンドに投資

僕は元々大学では林業を勉強しました。今でも日本の山間地域の地域おこしにも興味を持っています。その時に見つけたのがミュージックセキュリティーズが募集した西粟倉村共有の森ファンドワリバシファンド

今後もこのようなファンドがあれば、少しずつ投資して行こうと思っています。ファンドには無論リスクもありますが、今度の大震災の影響で暴落した株式投資程の博打性はないし、第一、何かを育てるという夢は、地域おこしのファンドの方が大きいですね。