グリーンインフラレンディングがファンドの募集を停止

前回のエントリーでグリーンインフラレンディングでの投資を開始した、と書いたばかりなのに、報道されている不祥事(資金の一部を指定された目的外に使用した)ことが明らかになり、グリーンインフラレンディングではファンドの募集を停止しました。多分、株式会社グリーンインフラレンディング 自体の存続も怪しくなると思います。

グリーンインフラレンディングの資金は返ってくるのか

というのが、グリーンインフラレンディングに投資されている皆さん(私もですが)の一番の心配事項だろうと思います。報道及びManeoの説明によると「使用された資金は一部」であり、既に返済された模様ですから、本来のグリーンエネルギーの事業そのものとは関係のないところの事件であり、ファンドの資金を騙し取るというような事件ではないように思えます。

株式会社グリーンインフラレンディング が今後既存のファンド運用だけを続けるのか、あるいは、解散してManeoに吸収されるのかはわかりませんが、今のところファンドに入れた資金の運用に滞りが生じているわけではないですから、既存のファンドそのものが棄損されたわけではないようです。

というわけで、既存のグリーンインフラレンディングが運用するファンドについては、事業者がManeoに変わる可能性はあるものの継続、投資家の口座に入っている資金は返金になるだろうと思います。

グリーンインフラレンディングで投資を開始

グリーンインフラレンディングは再生可能エネルギー投資に特化したソーシャルレンディングのプラットフォームです。個人的に原発反対、再生可能エネルギー大賛成ですので、グリーンインフラレンディングのポリシーには大賛成。

グリーンインフラレンディングは、現在は投資利回りも10%以上のファンドが目白押しとなっていて、非常においしい状況ですが、疑問もあります。

まず、再生可能エネルギーは政府の政策で電力の買取価格が高く設定されているのでファンドの利回りも高く設定されているのではないかと思います。でも太陽光発電の買取価格が下げられたように、今後の政府の方針では買取価格が下がり、利回りも下がるのではないか、という点。

これに関連して、高利回りのファンドは24ヶ月という期間で、しかも一括返済。ということは、2年間予定通りに動かない限り、リスクが高いということ。

期待利回りだけに注目してグリーンインフラレンディング1社だけへの投資はちょっとリスキーである気がします。分散投資先としてはポートフォリオに加えるべきですが。

あるいは、若干利率は下がるものの、5ヵ月とか短期のファンドを狙って投資していくのも良いかも。

AQUSHがグローバルファンドとecoエネルギーファンドを開始

サイトのリニューアルを6月末から7月初めにかけて行っていたAQUSH。単に画面が変わるだけかと思っていたら、「グローバルファンド」と「ecoエネルギーファンド」のコーナーが。これまでにも不動産投資を行う固定年利のファンドはありましたが、新たに二つ。

グローバルファンドはアメリカのソーシャルファンディングに投資するファンド。AQUSHが投資先を選んで分散投資する模様。

一方のecoエネルギーファンドはまだ開始されていませんが、代替エネルギーのビジネスに投資する模様。いいですね。こういう社会性のある投資は。ミュージックセキュリティーズが最近報道にもよく登場するから、意識したかな。

「立山アルプス小水力発電事業」

おひさまファンドでは現在「立山アルプス小水力発電事業」への出資者を募集中。自然エネルギーを使った発電事業の推進に興味のある方はどうぞ。

小規模水力発電は、火力発電の二酸化炭素、原子力発電のリスクを少しでも将来軽減して行くためには重要な方向性だと思います。

この小水力発電事業では、富山県小早月川に計画されており、大型のダムをつくることなく既存の砂防ダムなどから取水し、下流の発電所へ流してそこから川へ戻す、環境負荷の少ない方式だそうです。

出資は1口50万円のA号、1口300万円のB号があり、目標年間利回りはA号が3%、B号が7%だそうです。