半分購入をどう考える?いわて門崎丑牧場 門崎丑と遠野牛ファンド

クラウドファンディングには出資型や購入型など、いろいろなタイプがあります。私がよく利用しているミュージックセキュリティーズは基本的に出資型で、事業者は集めた資金で投資を行い、黒字が出れば分配される仕組みです。

その中で最近現れたのが「いわて門崎丑牧場 門崎丑と遠野牛ファンド」。このファンドはミュージックセキュリティーズのサイトの説明によると、以下のようになっています。

1口のお申込金額30,000円(取扱手数料抜)につき、15,000円が出資金として、15,000円がいわて門崎丑牧場のお肉セット(卸価格で15,000円相当、税・送料込)購入分として営業者へ支払われます。

つまり、ファンドを15000円分購入するには、15000円分の牛肉の購入が必要であり、いわゆる投資家特典はありません。食べ盛りの男の子を二人抱える我が家は通常近所のスーパーでアメリカ産やオーストラリア産の牛肉を購入しており、牛肉を15000円分一度に購入することは、クリスマスや正月でもまずありません。

私がミュージックセキュリティーズに期待するのは、あくまで投資であり、投資を通しての事業者の支援です。投資家特典として牛肉を頂けるのなら、3千円分であってもありがたく頂戴し、迷わずこのいわて門崎丑牧場 門崎丑と遠野牛ファンドファンドに投資すると思います。

私は肉のファンドには通常5口とか投資しますが、このファンドに投資したら強制的に75000円分の高級牛肉を購入せざるを得なくなってしまいます。そんなに購入してどうしますか?

私は購入型の他のクラウドファンディングは、稀にしか利用しません。本当に欲しいものがあるか、思い入れがあって応援したい事業者である場合だけ。ミュージックセキュリティーズは、割り切って「投資型」に絞っているので継続して利用しているのが実際です。投資先の倒産が多いにもかかわらず、です。

ミュージックセキュリティーズとしては自社の営業や事業拡大もありますから、いろいろなタイプのファンドを揃える、というニーズはもちろんあることでしょう。そしてこのファンドに投資している人がそこそこいることも事実です。でも、私のように通常複数口を投資する投資家は、「ちょっと違うなあ」と思わざるを得ません。せっかくの牛肉ファンドですが、いわて門崎丑牧場 門崎丑と遠野牛ファンドは投資を見送ることにしました。

応援ばかりでいいのか?クラウドファンディング

私はミュージックセキュリティーズなどで、よく投資をしています。しかし、何年か経過して見えてきたのは、手数料も加味して投資家にとっての黒字を出してくれるファンドの数は、多分、数割程度という現実。そして、倒産したり、資金繰りに困って支払いが遅れたりするファンドの数も多いこと。

ビジネスの内容や商品に興味を持って支援していますから、ファンドがうまく行かなくても仕方がない、自己責任ではあります。しかし、あまりに資金繰りなどが稚拙なビジネスも多いのではないか、事業の予測が甘すぎるビジネスも結構混じっているのではないか、というのが正直な感想です。

「気に入ったビジネスを支援する」というのが言い訳になってしまっている面はないのか?うがった見方をすればミュージックセキュリティーズは一種のプラットフォーマー、手数料商売です。

ただこれはミュージックセキュリティーズを非難しようというわけで指摘しているのではありません。結局投資をする側が、プラットフォーマーのモーチベーションはどう働くか、各ビジネスの収益性や社会性を判断する見識が自分にあるのか、そうしたことを考え直す必要がある、ということです。

私自身は、投資に際しては以前よりも慎重になりました。それでも、ミュージックセキュリティーズのサイトに新たなファンドが掲載されるのを楽しみに待っているのですが。

投資先が倒産

ミュージックセキュリティーズで投資していた先が、初めて倒産しました。裁判所から連絡が来て、債権の額を知らせてほしいとのこと。債権の額に応じて処分する財産を分配するのでしょうけど、債務超過で倒産していたら、返ってくるものはほとんどないはず。

投資先は林業の会社でした。林業にはちょっと思い入れがあるので応援させて貰いましたが残念です。

これが世の中の現実。損はしましたが、また何か一つ学んだような気がします。自分が倒産した会社の債権者になるって、個人ではあまり経験することがないですからねえ。

京はばねろ 篠ソースファンド ミュージックセキュリティーズ

>

篠ファームがハバネロソースの原料となるハバネロ果実の購入費用を中心にハバネロ事業にかかる資金を募集します。

情報源: 京はばねろ 篠ソースファンド ミュージックセキュリティーズ

テレビ番組でも紹介されていた地域おこしのファンド。京都の山間部でハバネロを農家が栽培し、それを製品化するというもの。京野菜がたくさん特典についてくるというのに、申込者の数があまり伸びませんねえ。ハバネロのソースなら僕は興味がありますが、世間ではさほどでもない、ということなのでしょうか。このままファンドが成立しなかったら、かなり残念です。

老舗菓匠の和菓子ファンドから投資家特典の和菓子が到着

今日はバレンタインデー。この日ピッタリに、ミュージックセキュリティーズで投資している老舗菓匠の和菓子ファンドから、チョコレートも含まれた和菓子のセットが投資家特典として送られてきました。

老舗菓匠の和菓子ファンドどら焼き以外は結構日持ちがしそうなお菓子なので、助かります。「今日中に召し上がれ」と言われても困りますから。

奥播磨ファンドから投資家特典の純米酒

ミュージックセキュリティーズで投資している奥播磨ファンドから投資家特典の純米酒が届きました。

奥播磨ファンド2014こうしたファンドは、投資家特典の分も市価に換算すれば、結構利回りが良いかも。

神戸おいもスイーツファンドの投資家特典

ミュージックセキュリティーズで投資している神戸おいもスイーツファンドの2回目の投資家特典が送られてきました。

神戸おいもスイーツファンド

内容は冷凍の焼き芋や、スイートポテト。この、スイートポテトというお菓子の名称にはどうも納得がいきませんが。だって、英語でサツマイモという意味しかないから。まあ、それはともかく。写真の3倍くらいの量のサツマイモ製品が送られてきて、我が家だけでは食べきれません。例によって職場でおすそ分け。

投資家特典はこの半分くらいでいいから、その分を配当に回してほしいのが本音かも。

大樹農社水牛モッツァレラチーズファンド

ミュージックセキュリティーズで投資している大樹農社 水牛モッツァレラチーズファンド。なんと北海道で水牛を飼育して本格的なモッツァレラチーズを作っています。 投資家特典として送られてきたモッツァレラチーズががこちら。ビニール袋に入っています。5口なので5個入っていますが、安っぽいチーズが大量に送られてきたらどうしよう、という心配をよそに、非常に本格的でおいしいモッツァレラチーズが5つ送られてきました。 モッツァレラチーズ 袋から出すとこんな感じ。左は大樹農社のパンフレットです。 モッツアレラチーズ そしてこのモッツアレラチーズを使ったカップレーゼがこちら。季節的にバジルがないので、自家製のジェノベーゼソースを使用しました。 カップレーゼ

地中海オリーブオイルファンド

ミュージックセキュリティーズの地中海オリーブオイルファンドからの投資家特典。

地中海オリーブオイルファンド

オリーブオイル一本は定価が2200円の高級品のようです。オリーブオイル大好きで、たくさん使いますからこれは嬉しい!

写真の下の方にあるのはオリーブオイルのスプレッド。レモンやバジル、ガーリックなどで風味付けがしてあります。このままパンやパスタにつけても美味しそう。

ビジネスを支援するためにファンドに投資、と言っても、やはり投資家特典は楽しみです。

米鶴酒造純米酒ファンド2014

ミュージックセキュリティーズで出資した米鶴酒造 純米酒ファンド2014から、投資家特典が送られてきました。なんと、日本酒が7本。

https://www.musicsecurities.com/investmy/community_details.php?st=i&fid=652

早速女房と晩酌でいただきました。実は日本酒は普段あまり飲まないのですが、最近の日本酒は美味しいですねえ。